スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死化粧

現在の職場は、癌の末期の患者さんがほとんどであるため 年間3ケタにのぼる 方が お亡くなりになる。
なので 死後の処置も とても 多くある。

自分は、そのなかで 死化粧には 特別な想いがある。
長い闘病生活で やつれて 血の気も失せた、そのお顔を 最高に美しい状態にして 飾ってさしあげたいと 思っている。
亡くなった後というのは、親族、弔問客大勢の人がそのお顔を見る。
その時に 闘病の末の悲惨な表情でなく 安らかにそして 美しく化粧が施された お顔を見ることで皆 ほっと安堵することであろう。
その方にとって、それは、最期の晴れ舞台になる。
そして 次の生命へ 旅立っていくことが出来るのである。

死化粧を行うにあたって アロマテラピーでのフェイシャル技術は かなり役立っている。
顔の筋肉や皮膚の走行を知っていることは 大切である。
仕上げに口角を整えわずかな微笑みが 感じられるようにするのがポイントである。
もうひとつ 役立っていることは かつて ほんの少しの期間であるが 演劇をやっていたこと。
顔のほりを深く見せたり ふっくらと豊かな頬にみせるため チークを施したり
健康でその方 本来の美しさが 滲み出るようカラーを駆使して仕上げていく。
そして、お元気だった時のお仕事をこなしてる姿や母親業や家庭人として一生懸命活動していたであろう姿を思い浮かべながらメークをしていく。

仕上がったそのお顔は 遺族の方や 看護師の同僚にも好評だ。

ただ 困ったことが ひとつある。
こんなに死後の処置が多い病棟なのに メーク道具が お粗末な位に少ないのだ。
スタッフによって持ち寄られた道具なので あろう 必要最低限のものが わずかにある程度。
かなしい…

亡くなっちゃたら ケアーは そこで終わりでないのに… もっとひとつ ひとつ 大事に しなきゃいけないことって あるのにって 思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

makiaroma

Author:makiaroma
埼玉県さいたま市桜区に
アロマセラピーサロン
アトリエ ユノス
を自宅マンションの一室で
オープンいたしました。
英国IFA認定アロマセラピスト&看護師

お客さまを大切にをモットーに心に響くアロマセラピートリートメントを行っています。

アトリエユノスのHP
http://atelier-junos.main.jp/

応援よろしくお願いいたします。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ご予約・お問い合わせ
必ず、PCのアドレスを記入してください。 携帯アドレスでは、送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。