スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てのひらの記憶

今回 開業をして
数年ぶりにお会いしてトリートメント
ということが 何件かありました。

まだ その時は アロマの学生だったから
勉強のためという感じでした。

前回のトリートメントレコードを見れば
その時の状態は記録してありますが

そういう 記録上の記憶とは 違う。
掌の感覚が覚えているということを
今回実感しました。


それは その方に触れてみて
始めて戻ってくる感覚

筋肉のはり具合や 皮膚温
皮膚の柔らかさ、皮下脂肪のつきかた
流れの良し悪し、etc…

トリートメントしていうちに
ぶぁーってよみがえってくる記憶。

そして、身体の微細な変化から
お会いしなかった数年間の間
様々なことが
あったのだろうな、と
その方のヒストリーを連想させます。

一度触れた感覚は 脳内にインプットされ
それは、スイッチが入るまで
大切に保管されているんですね

忘れないで… あなたのこと 覚えているよって
それは語りかけているようでした。


6月のキャンペーンのお知らせを致します。
☆期間限定☆
初めてのアロマセラピー トリートメントメニュー
ボディー60分…………………¥5000
ボディー&フェイシャル80分……¥7000


期間6月7日~6月30日

★ボディーの内容
コンサルテーション後 心身の状態に合わせた
アロマオイルにて お体をゆったり トリートメント

★フェイシャルの内容
オーガニックコスメにて じっくりクレンジング後
お肌の状態に合わせたアロマオイルにて リフトアップトリートメント
その後 お肌の状態に合わせたコスメにて お肌を整えます。

お着替え、コンサルテーション、ティータイムは お時間に含まれません。
トリートメントの時間の他 60分程余裕を持ってお越しください。
(ティータイムに柚子ハチミツドリンク付)

そしてもっと …
じっくり日頃のお疲れを癒したい方
ユノス シレニティーアロマ120分
¥14000→¥10000が このプレオープン中
超オススメです。


PCサイドバー ご予約・お問い合わせより
また 携帯アドレスより(ご存知の方)
お申し込み下さい。
日時は調整致しますので
ご希望の日をお伝えください
お会いできるのを心より お待ちしています。

↓クリックお願いします。↓あなたのクリックに励まされます♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがと

ベビマ いいね~★
ママ友も増えるし 良い交流が できると思うなぁ。

できるかなぁ?

大人と子供じゃやり方も違うのかなぁ?
手技忘れちゃったよ。

手技~

有藤文香著
中医アロマセラピー家庭の医学書
にベビーマッサージ載ってたよ!
そんなに難しくなさそう
時期は、首すわってからなのかなぁ?
うつぶせ寝とかにもするし

わかります~一度触れたことのある人は2度目触れるときに手がすっとなじむ気がします。
なんだか不思議な感覚ですよね。

mariさんコメントありがとう

コメントありがとうございます。
セラピストさんならでは、の感覚ですよね。
わかっていただけて、うれしいです♪

「手がすっとなじむって」素敵な表現ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

makiaroma

Author:makiaroma
埼玉県さいたま市桜区に
アロマセラピーサロン
アトリエ ユノス
を自宅マンションの一室で
オープンいたしました。
英国IFA認定アロマセラピスト&看護師

お客さまを大切にをモットーに心に響くアロマセラピートリートメントを行っています。

アトリエユノスのHP
http://atelier-junos.main.jp/

応援よろしくお願いいたします。

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ご予約・お問い合わせ
必ず、PCのアドレスを記入してください。 携帯アドレスでは、送信できません。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。